コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たがね(鏨) たがねchisel

翻訳|chisel

世界大百科事典 第2版の解説

たがね【たがね(鏨) chisel】

ハンマーの打撃作用によって金属や岩石を削る,いわゆる“はつり作業”に用いられる刃物。木工用ののみ(鑿)に当たるものといえる。切断や平面のはつりには平たがねを用い,荒削りやみぞ切りには友たがね(烏帽子たがね)を用いる(図)。刃をあてる角度は重要な要素で,鋼材には60~70度,黄銅青銅鋳鉄には40~60度,ホワイトメタルには30度内外とする。なお,リベットかしめ,機械加工できないかど部,すみ部,非対称部の彫込みなどに用いるものをコーキングたがねと呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のたがね(鏨)の言及

【のみ(鑿)】より

…木材や石材などに穴をうがち,また材面を削ったりする工具の総称だが,金工や石工で用いるものは鏨(たがね)という(図)。鑿は斧とともにもっとも古くから用いられた工具で,縄文時代のくり舟などの工作には鑿状石器が使われ,弥生時代にはいち早く鉄器化した。…

※「たがね(鏨)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

たがね(鏨)の関連キーワードハンマー

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

たがね(鏨)の関連情報