たたら(鑪∥踏鞴)(読み)たたら

世界大百科事典 第2版の解説

たたら【たたら(鑪∥踏鞴)】

日本古来の代表的な製鉄方法。粘土でつくられた高さの低い角形ので,木炭を燃料として砂鉄を製錬する原始的なものであるが,日本刀の素材である玉鋼(たまはがね)はこの方法でつくられていた。炉の下方から風を送って木炭を燃焼させ,十分に温度を上げてから木炭と砂鉄を交互に層状に投入しながら,連続的に3昼夜ほど操業して砂鉄を還元する。操業を終えると炉全体をこわし,還元された鉄の塊を取り出す。これを〈けら(鉧)〉という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android