コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちゃんこ料理 ちゃんこりょうり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ちゃんこ料理
ちゃんこりょうり

相撲界の料理のこと。なかでもちゃんこ鍋のことをいうことが多い。昔は鶏肉を使い,牛や豚などの肉は土俵に手をつくといって嫌ったが,現在ではよく使われる。大鍋に湯を煮立て,魚のぶつ切りや肉,季節の野菜を入れて煮,鍋を囲んで食べる。幕下力士交代でつくり,鍋や器,材料のこなし方など,すべてが大ざっぱなのが特徴。「ちゃんこ」とは,江戸時代の初期,長崎に伝わった中華鍋のことで,ごった煮で中国料理のような感じがすることからこの名がついたともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゃんこ‐りょうり〔‐レウリ〕【ちゃんこ料理】

ちゃんこ鍋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ちゃんこ料理【ちゃんこりょうり】

相撲界で作られる独特の鍋(なべ)料理。ふつう幕下以下の力士が交代で料理当番(ちゃんこ番)となり,習慣上昼食に用意される。魚介,肉,野菜をぶつ切りにして大鍋で煮て,酢醤油のつけ汁で食べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃんこりょうり【ちゃんこ料理】

相撲社会独特の手料理の名称。力士の食生活は,朝げいこのために朝食を抜き,昼夜の2食でまかなわれるが,その1食は必ずといっていいほどちゃんこなべを囲む。暑中も寒中もこの食生活の日課は変わらない。ちゃんこ料理は力士たちの体格を維持するカロリーの高い栄養源で,ひと口にいってちり,水炊き,寄せなべ風のものである。〈ちゃんこ〉の語源は2説あり,九州長崎を巡業中の一行が,じょうぶな中華なべを入手して土なべに代わって使用し,方言でいう中国風の発音で呼んだという。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ちゃんこ料理
ちゃんこりょうり

相撲(すもう)社会で行われる独特の手料理。ちゃんこ鍋(なべ)ともいう。相撲社会では、年寄名を冠称する各部屋に力士が所属し、そこで弟子を養成するが、その宿舎で給される食事をちゃんこ料理といい、多くは昼時(力士は朝食抜き)に給される。名称の由来は、料理番のおやじを「ちゃん」とよんだためとか、長崎巡業中に中国伝来の(チャンクオ)料理なるものを知り、その手法を取り入れたためとかいう。鍋は、板金製の鍋であるという。
 材料は、魚貝類、骨付きの鶏肉、豆腐、野菜類などを用い、獣肉は「四つ足」とよばれることから古くは土俵での縁起を担いで用いられなかったが、いまでは自由に取り入れ、ハム、ソーセージの類まで加えたものもある。いずれも材料は大切りにし、野菜によっては手でねじ切って用いる。野菜は、白菜、ダイコン、ニンジン、キャベツ、ジャガイモなど幅広く、魚肉は切り身あるいはつみ入れにしても用いる。大鍋で水煮してポンスしょうゆで食べるもの、鳥鍋風、寄せ鍋風、ゴボウ・油揚げなどを加えたものなど、とくに決まった料理法はないが、全体に大まかな作り方で多量に調理でき、用いる器物も大ぶりで、ことさらな技巧も用いないだけに材料の持ち味が生かされ、栄養豊富でカロリーも高い点が特徴といえよう。ちゃんこ当番は下位力士や新弟子が交代で担当する。本来、力士や弟子たちの日常食であったが、最近では、元力士の経営する、ちゃんこ料理専門店も多い。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちゃんこ料理の関連情報