ちゅっきゃり節

デジタル大辞泉プラスの解説

ちゅっきゃり節

鹿児島県奄美大島の民謡。祝唄の定番である『朝花節』が長いため、歌いやすく短くしたもの。『一切(ちゅっきゃり)朝花節』とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android