コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちょん掛け・ちょん掛 ちょんがけ

大辞林 第三版の解説

ちょんがけ【ちょん掛け・ちょん掛】

〔ちょっと間に合わせでかける意から〕 環で付ける羽織の紐ひも
釣りで、ミミズ・ゴカイなどの餌を、針にちょっと引っ掛けるだけのつけ方。
相撲の決まり手の一。相手の差し手を抱え込み、足を相手の同じ方の足のかかとの辺りに内側から引っ掛けて、前に引きながら倒す技。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ちょん掛け・ちょん掛の関連キーワード決まり手かかと相撲羽織相手

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android