つか こうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

つか こうへい

1948-2010 昭和後期-平成時代の劇作家,演出家,小説家。
昭和23年4月24日生まれ。在日韓国人2世。昭和49年「熱海殺人事件」で「新劇岸田戯曲賞。劇団つかこうへい事務所を設立し,「ストリッパー物語」などを上演。57年小説「蒲田行進曲」で直木賞。以後文筆に専念したが,のち演劇活動を再開。平成3年「飛竜伝'90―殺戮の秋」で読売文学賞。6年東京都北区とくんで北区つかこうへい劇団旗揚げ。平成22年7月10日肺がんのため死去。62歳。福岡県出身。慶大中退。本名は金峰雄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

バズる

[動ラ五(四)]《「バズ」の動詞化》俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す。→バズマ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

つか こうへいの関連情報