つむり光

美術人名辞典の解説

つむり光

別号桑楊庵・二世巴人亭。名は誠之。画を一筆斎文調に学び文笑と号す。狂歌四天王の随一にて伯樂側棟梁。桑楊庵の号を干則に、巴人亭の号を市人に譲る。寛政8年(1796)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android