コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つる座(鶴座) つるざ Grus

1件 の用語解説(つる座(鶴座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つるざ【つる座(鶴座) Grus】

略号Gru。晩秋の南天低くに見える小星座。17世紀ドイツ天文学者J.バイヤーによって新設された南天12星座の一つである。みなみのうお座のさらに南にあり,2個の2等星α,βが並んで見える。15世紀にスペインの航海家はフラミンゴと呼んでいたが,バイヤーによりつるになった。概略位置は赤経22h20m,赤緯-47゜。午後8時の南中は10月下旬である。【石田 五郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

つる座(鶴座)の関連キーワード狼座旗魚座彫刻具座彫刻室座鶴座鳩座風鳥座帆座水蛇座炉座

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone