コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つる座(鶴座) つるざGrus

世界大百科事典 第2版の解説

つるざ【つる座(鶴座) Grus】

略号Gru。晩秋の南天低くに見える小星座。17世紀ドイツの天文学者J.バイヤーによって新設された南天12星座の一つである。みなみのうお座のさらに南にあり,2個の2等星α,βが並んで見える。15世紀にスペインの航海家はフラミンゴと呼んでいたが,バイヤーによりつるになった。概略位置は赤経22h20m,赤緯-47゜。午後8時の南中は10月下旬である。【石田 五郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

つる座(鶴座)の関連キーワードスペツナズスペツナズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android