つる座(鶴座)(読み)つるざ(英語表記)Grus

世界大百科事典 第2版の解説

つるざ【つる座(鶴座) Grus】

略号Gru。晩秋の南天低くに見える小星座。17世紀ドイツの天文学者J.バイヤーによって新設された南天12星座の一つである。みなみのうお座のさらに南にあり,2個の2等星α,βが並んで見える。15世紀にスペインの航海家はフラミンゴと呼んでいたが,バイヤーによりつるになった。概略位置は赤経22h20m,赤緯-47゜。午後8時の南中は10月下旬である。【石田 五郎

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android