コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てくら てくら

大辞林 第三版の解説

てくら

〔「手暗くらます」の意〕
ごまかすこと。まやかし。てくろ。 「ちくら-の一夜検校ひとやけんぎよう/浄瑠璃・博多小女郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

てくらの関連キーワード見比べる・見較べる桜田治助(1世)オオジュリン昔話稲妻表紙芋掘り藤五郎厚狭寝太郎立ちくらみ競伊勢物語華奢・花車伽羅先代萩まやかしゴーラル桃水雲渓お園六三尾池松湾猿の生肝百々玉泉桜田治助聞合せる土佐堀川

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

てくらの関連情報