てんかんと運転免許

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

てんかんと運転免許

てんかんは脳の神経細胞が過剰に活動して発作を起こす病気。患者は全国で約100万人とされる。一瞬手足がピクンとするなど軽い発作から、けいれんを起こして倒れてしまう大きな発作まで、症状は個人差が大きい。患者は以前、運転免許を取得できなかったが、02年の道路交通法改正で、運転に支障が生じる恐れのある発作が2年間ないなど、一定の条件を満たせば取れるようになった。

(2012-07-17 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android