コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんびん(天秤)座 てんびんざ

百科事典マイペディアの解説

てんびん(天秤)座【てんびんざ】

7月初旬の夕方,南の中天に見える星座。黄道上にあり十二宮の第7宮。古代には秋分点があった。ギリシア神話の正義の女神アストライア(おとめ座)がもつ,人間の善悪をはかる天秤を象徴。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android