コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんびん座(天秤座) てんびんざLibra

翻訳|Libra

世界大百科事典 第2版の解説

てんびんざ【てんびん座(天秤座) Libra】

略号Lib。黄道十二星座の一つ。さそり座の東につづく天域で,さそりのふりあげた大きなはさみと見立てることもできる。正義の女神アストライアが手にするてんびんとしたのは,古代ギリシアではこの天域に昼夜を平分する秋分点があったためだが,現在,秋分点は歳差により,東隣のおとめ座に移っている。数個の3等星の配置でてんびんの姿を思い描くのはむずかしい。概略位置は赤経15h10m,赤緯-14゜。午後8時の南中は7月上旬である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

てんびん座(天秤座)の関連キーワードWomen's Lib慶応義塾大学一橋大学アドリビトゥムFLQリチウムイオン電池インポートライブラリーケベック解放戦線国民解放軍リブ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android