コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とく トク

デジタル大辞泉の解説

と・く

[連語]《接続助詞「て」に動詞「お(置)く」の付いた「ておく」の音変化》
あらかじめその動作を済ませておく意を表す。「出発前に注意し―・く」
その状態を続ける意を表す。「そのまま寝かし―・く」
[補説]ガ・ナ・バ・マ行の五段動詞に付く場合は「どく」となる。「犬をつないどく」「荷を積んどく」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とくの関連キーワードしせいエックスせんシンギュラリティー海舶互市新例天万豊日尊蘆花・芦花篤子内親王奸匿・姦慝誉田屋徳隣しんとく丸道康親王二宮尊徳本有観念大鷦鷯尊善意取得接続助詞神聖冒涜彭徳懐昌徳宮禿び筆恵方神

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

とくの関連情報