コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ところを ところを

大辞林 第三版の解説

ところを

( 接助 )
〔形式名詞「ところ」に格助詞「を」の付いたものから〕
活用語の終止形に接続する。予期に反する事態が次に起こることを予測させながら、文を接続するのに用いる。…のに。 「いつもの年なら、もうとっくに夏服を着る-、肌寒い日が続くので、なかなか合い服がやめられない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ところをの関連キーワード生き長らえる・生き存えるグラウンドスマッシュ九死に一生を得るぐうの音も出ない死一等を減ずるキドニーパンチ因って来たる目星を付ける気勢を揚げる精彩を放つ回り回って諫臣・諌臣出端を叩くふん捕まる気を吐く三連音符先を折る二度手間命を拾う形式名詞

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ところをの関連情報