コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とちぎの元気な森づくり県民税

1件 の用語解説(とちぎの元気な森づくり県民税の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

とちぎの元気な森づくり県民税

荒れた山林を整備するための費用として県が08年4月から導入。負担額は県民税を納めている人1人につき年700円。法人は県民税の均等割り分に7%を乗じた額となっている。奥山林整備事業など8事業は県が実施し、里山林整備事業や森林環境学習支援事業など4事業は市町への交付金事業としている。

(2009-07-10 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とちぎの元気な森づくり県民税の関連キーワード総顧客費用埋没費用学資社費治山党費共益費用IGRの新運行システム森の力再生事業

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone