コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

と雖も というとも

大辞林 第三版の解説

というとも【と雖も】

( 連語 )
〔格助詞「と」に、動詞「言ふ」の終止形「いふ」+接続助詞「とも」の付いたもの。漢文の「雖」の字の訓読から生じた語。平安初期の訓点語からみられる〕
逆接の仮定条件を表す。たとえ…とも。とも。 「勅定たり-、いかでか先例をば背くべき/保元

といえども【と雖も】

( 連語 )
〔格助詞「と」に、動詞「言ふ」の已然形「言へ」+接続助詞「ども」の付いたもの。漢文の「雖」の字の訓読から生じた語〕
…とはいうものの。…であっても。 「日曜日-休まずに働く」 「一粒の米-むだにはできぬ」 〔中古初期からみられる。古くは確定条件を表す場合に用いられたが、近世以降、仮定条件を表す場合にも用いられるようになった。現代語では、やや固い感じの言い方として、主として文章語に用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

と雖もの関連キーワード凶険・兇険長握・長柄佳肴・嘉肴痴鈍・癡鈍爬掻・爬搔沙汰の限り委曲・詳らござござ接続助詞文章語分分し興旺硬着帰入確当配居和解高燥留止団円

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android