なか(中)柱(読み)なかばしら

世界大百科事典内のなか(中)柱の言及

【大黒柱】より

…日本の農家や町家の土間と居室部分の境目の中央にあって,他の柱より特に太い柱を指す。大極柱とも書き,また地方により,なか柱,ゆるい柱,亭主柱などと呼ばれる。普通,一辺が30cm前後の正方形断面で,ケヤキ材を使うものが多いが,一辺60cm以上の太いものもある。…

【柱】より

…建築や土木構造物において,上部の荷重を支えるために設けられる垂直部材。荷重を支えない場合も,同様の形状をもつ記念柱,円柱などは柱の一種と考えられる。
[日本]
 日本建築では,二階建ての場合など構造上,一,二階を1本で通す通(とおし)柱と,一階と二階を別々に立てる管(くだ)柱とに区別する。また柱と柱の間で,壁下地を取り付けるために立てた小柱を間(ま)柱という。使用する場所によって名称が異なり,外回りの側(かわ)柱と,それより1間内側の入側(いりかわ)柱,身舎(母屋)(もや)・庇(ひさし)の別があるときはそれぞれ身舎(母屋)柱・庇柱,そのほか裳階(もこし)柱,向拝柱,門や塀における本柱と控柱などといい,同じ側柱でも隅柱とそれ以外の平柱を区別する。…

※「なか(中)柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報