なかなか遺産

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

なかなか遺産

世界遺産や国の重要文化財に認定されずとも、次代に残し、伝えたい建築物。2012年12月、東大生産技術研究所の村松伸、腰原幹雄両教授が共同代表となり、国際なかなか遺産推進委員会を設立した。どこにもない特異性をもち、くすっと笑えるような地域性のある価値を、地元住民とともに多くの人で守り育てていこうと活動している。旧達古袋小校舎をモデルに全国で認定する方針。

(2014-09-12 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なかなか遺産の関連情報