コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なさか なさか

大辞林 第三版の解説

なさか

〔「なさが」とも〕
悪い評判。汚名。多く「なさか立つ」の形で用いる。 「お半女郎と二人の-立たぬ様にと/浄瑠璃・桂川」 〔「な」は名、「さか」は「さが」で性の意かという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

なさかの関連キーワード玉の杯・玉の巵・玉の盃マリア・マグダレーネ静岡県磐田市壱貫地水郷筑波国定公園三石(岡山県)日本五大昔話百合山羽公神栖[町]神栖(市)潮来[町]大杯・大盃下魚・下肴石原和三郎聖杯・聖盃相生垣瓜人北浦(湖)北利根川竜宮童子田村虎蔵蝉しぐれ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

なさかの関連情報