なにゃとやら

大辞林 第三版の解説

なにゃとやら

青森県・秋田県の民謡で、東北地方最古の盆踊り唄。踊り手は歌詞を即興で作り、作れない間は「なにゃとやら、なにゃとなされた、なにゃとやら(どうしたのか、の意)」をくり返す。江戸時代に七七七五調になり、多くの唄を派生した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android