なべかむり日親(読み)なべかむりにっしん

世界大百科事典内のなべかむり日親の言及

【日親】より

…久遠成院と号する。幕府の弾圧にも屈せず《法華経》の信仰を主張したので,頭から焼け鍋をかむらされたという伝説から〈なべかむり日親〉として有名。上総国埴谷(現,千葉県山武町)に生まれ,中山法華経寺(市川市)において出家した。…

※「なべかむり日親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる