コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

にもがも にもがも

大辞林 第三版の解説

にもがも

( 連語 )
〔断定の助動詞「なり」の連用形「に」に、終助詞「もがも」の付いたもの。上代語〕
文末にあって、強く望み願う意を表す。…であったらなあ。 「長門なる沖つ借島奥まへて我が思ふ君は千歳-/万葉集 1024

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

にもがもの関連キーワード背の君・兄の君・夫の君小倉百人一首飛び返る朝な朝な源実朝言問ふ終助詞常少女にもが母刀自心恋し高飛ぶ斎つまで岩群守る申す合う常世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android