コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

に因って/に依って ニヨッテ

デジタル大辞泉の解説

に‐よっ‐て【に因って/に依って】

[連語]《格助詞「に」に動詞「よる」の連用形が付き、さらに接続助詞「て」の付いた「によりて」の音変化》
原因・理由を表す。…ので。…ために。「踏切事故―電車が遅れる」
「年をとらぬ年が八年ある―、四十七ながら三十九ぢゃ」〈浮・永代蔵・三〉
手段・方法を表す。「特殊な顔料―書かれた絵」
その中のあるものについて、または、その中の一つ一つについていうと、の意を表す。「種類―毒のあるものもいる」「政治家―主張は異なる」
よりどころを表す。「命令―行動する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

に因って/に依っての関連キーワード結果的加重犯接続助詞髣髴沿革贏利

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android