コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

に際して にさいして

大辞林 第三版の解説

にさいして【に際して】

( 連語 )
〔格助詞「に」にサ変動詞「際する」の連用形「際し」と接続助詞「て」が付いたもの〕
…の時にのぞんで、…の事態に当たって、などの意を表す。 「出発-一言ひとこと注意しておきます」 「レポート執筆-の心がまえを忘れないように」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

に際しての関連キーワードエフレーモフ(Ivan Antonovich Efremov)親は泣き寄り他人は食い寄りゴールドスミス・ノートコモディティ・フロー法期日指定定期預金エミュレーション原子力供給国会議フリードリヒ伝説箱根大名行列両院議員総会ダイモニオンマメルチヌスブラガンサ朝記念スタンプアメンチア海難審判所三塔の僉議アグレマン訴えの利益四条宮下野

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

に際しての関連情報