コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぬかみそ漬(糠味噌漬) ぬかみそづけ

1件 の用語解説(ぬかみそ漬(糠味噌漬)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぬかみそづけ【ぬかみそ漬(糠味噌漬)】

米ぬかに塩を合わせた漬床(つけどこ)で野菜を漬けたもの。ぬか漬ともいう。ぬかみそ漬は1689年(元禄2)刊の《合類日用料理抄(ごうるいにちようりようりしよう)》あたりから見られ,一般家庭の日常用の漬物として普及し,1836年(天保7)刊の《四季漬物塩嘉言(しきつけものしおかげん)》が〈万家ぬかみそ漬のあらざる所もなけれど〉というほどになった。江戸時代はぬか2~3に対して塩1の配合がふつうであったが,現在では6:1くらいの比率にすることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のぬかみそ漬(糠味噌漬)の言及

【漬物】より

…栄養面を見ると,野菜を材料とする漬物はアルカリ性食品であるため酸性食品の中和に役だち,繊維が多いため便通を促すとともに,乳酸菌の働きによる整腸作用があり,かつ,特有の香味が味覚を刺激して食欲増進剤的役割を果たす。漬込み期間の短いものは生野菜に含まれるビタミンCが生かされており,ぬかみそ漬では漬床のぬかからくるビタミンBの含量が高い。
[種類]
 材料別にみると,野菜が最も多く,魚貝類がこれに次ぐ。…

※「ぬかみそ漬(糠味噌漬)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone