コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねじれ(捩れ) ねじれtorsion

翻訳|torsion

世界大百科事典 第2版の解説

ねじれ【ねじれ(捩れ) torsion】

数学用語。(1)空間曲線C上に1点Pが与えられたとき,Pに十分近いC上の点Qをとり,PとQにおけるC接触平面のなす角⊿θをPからQまでのCの弧の長さ⊿sで割った商⊿θ/⊿sを考える。ここでQを限りなくPに近づければ,ふつうの場合⊿θ/⊿sは極限値をもつが,この値をPにおけるCのねじれ,またはねじれ率といい,その逆数ねじれ率半径という。曲率とねじれ率が定点から測ったの長さの関数として与えられると曲線の形が決定する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android