コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のたる ノタル

デジタル大辞泉の解説

のた・る

[動ラ五(四)]這(は)う。這っていく。
「堂社の縁の下、石材(いし)や材木と一所に―・っている宿なし同然な身の上だで」〈鏡花・日本橋〉
[動ラ下二]這う。また、倒れる。
「そこらは構はず踏ん反って、―・れてござれ」〈浄・鑓の権三

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

のたるの関連キーワードベブレン(Thorstein Bunde Veblen)ホルモン(内分泌)のしくみとはたらきカントル(Georg Cantor)ローラチェーンカップリング締める・閉める・〆るフェースエクササイズ土佐闘犬(土佐犬)バセット・ハウンドコウテイペンギンプリテンショナーターンバックルターナー症候群デューラップコンベヤー野垂れ死にマスチフ美容医療血管腫そこら秋田城

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のたるの関連情報