コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のね のね

大辞林 第三版の解説

のね

( 連語 )
〔終助詞「の」「ね」が重なったもの〕
言いきかせたり念を押したりする意を表す。現代語では主として女性が用いる。 「もう勉強はすんだ-」 「もう春な-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のねの関連キーワード中流に舟を失えば一壺も千金陸でもない・碌でもない青森県下北郡佐井村佐井奈良県宇陀市榛原区八滝高知県安芸郡奈半利町ねずみくんの絵本刈り田・苅り田価する・値する清水 クーコ江戸八百八町御間・御相らかん駅長うかうかし蟒蛇・蠎蛇嗄れ嗄れ押し並みねんねん天つ少女頼り甲斐翠帳紅閨

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のねの関連情報