コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はた(旗/幢/幡/旌) はた

百科事典マイペディアの解説

はた(旗/幢/幡/旌)【はた】

はたは儀式や軍陣などに標識あるいは飾りとして立てたが,上古朝廷における即位式に用いた烏像幢(うぞうどう),日像幢(にちぞうどう),月像幢(がつぞうどう),朱雀(すざく)・青竜・白虎・玄武旗(続紀文武天皇大宝元年)などの仗旗(じょうき)は現在の旗とは異なった〈はたほこ〉であった。
→関連項目Z旗

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

はた(旗/幢/幡/旌)の関連キーワード赤旗(旗)手旗信号旗旒信号旗指物国旗白旗

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android