コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はんが甲子園

1件 の用語解説(はんが甲子園の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

はんが甲子園

千人以上の愛好者が住み「版画の島」を自任する新潟県佐渡島で、01年から毎年3月に開催されている。今年は21道府県の36の高校が応募。予選は個人の作品で競い、14校が本大会に進んだ。本大会は1校3人で、86センチ×55センチの木版画を共同制作。テーマは例年「佐渡」だったが、事前に下絵を描いてくる学校が出てきたことから、今年は「美しい佐渡と人間」に変えた。文部科学大臣賞は佐賀県立鳥栖工業の「佐渡を舞う」。伝統芸能「鬼太鼓」を躍動感ある作品に仕立てた。

(2008-04-06 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はんが甲子園の関連キーワード共謀複婚連帯合議自任住み満つ連印障害者の法定雇用率福岡大空襲ウィリアムソン:ピアノ・ソナタ第3番/piano solo

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone