コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばち(桴∥撥) ばち

世界大百科事典 第2版の解説

ばち【ばち(桴∥撥)】

楽器の演奏具または舞踊の舞具。捊,棙,枹などさまざまな表記がある。代表的なものは,打奏具であって,洋楽器ビーター,スティック,マレットなどの訳語としても用いる。邦楽器の打奏具としては,太鼓,かねなどの打ち棒をいうが,必ずしも棒状のもののみをいうのではなく,頭部を洋楽器のタンポンのように,なんらかのもので包んだものをもいい,その場合〈ばい〉ともいい,〈棓〉の字を当てることもある。また,棒の先で突き鳴らすものは,〈撞木(しゆもく)〉といって区別し,それにも梵鐘(ぼんしよう)を突く太い丸太状のものから,(かね)類をたたく丁字形のものまであるが,後者の頭部が球状になっている〈角(つの)撞木〉などは〈角桴〉ともいい,必ずしも〈撞木〉と〈桴〉とが厳密に区別されているわけではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のばち(桴∥撥)の言及

【三味線】より

…江戸時代に発達した楽器で,今日でも各方面で使われている。木製の四角な枠の両面に獣皮をはって胴とし,これを貫通する長い棹(さお)の表面に平行して3本の糸をはり,撥(ばち)または指で演奏する。糸の響きは駒によって胴に伝えられる。…

【琵琶】より

…琵琶の形態はジャンルごとに多少の違いはあるものの,およそ共通したつくりをみせている。たとえば,硬さが要求される裏側の槽(そう)に紫檀(したん),紫藤(しとう),花櫚(かりん),桑,桜などを用い,軟らかさの必要な表側の腹板には塩地(しおじ)や桐を使い,さらに腹板の一部分に皮を張ったり漆を塗ったりして撥(ばち)面と称する。はおおむね黄楊(つげ)でつくり,ジャンルにより寸法がまちまちなのは(表),音楽様式の違いとも関連している。…

※「ばち(桴∥撥)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android