コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひこばえ(再生イネ)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ひこばえ(再生イネ)

刈り取り後のイネの茎から自然に出る側芽が伸びたもの。そのままにしておくと穂が出る前に枯死するか、穂が出ても高さ40センチ程度にしか成長しない。肥料や水を適切に与えると60~70センチほどに伸び、最初の収穫から20日目ごろに出穂し、40~50日目で収穫できる。収穫量は苗から育てたイネの半分ほど。収穫したイネは稲わらごと圧縮し、発酵させて飼料とする。

(2009-02-02 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ひこばえ(再生イネ)の関連キーワードキリストの系譜中将姫誓願桜松田 常憲ヒコビア会白酒・黒酒日影 丈吉カキ(柿)ライラックサクランボシンジュオリーブパンノキ松田常憲エッサイ天然更新ひこばえ分げつ萌芽林若生え株分け

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android