ひこばえ(再生イネ)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ひこばえ(再生イネ)

刈り取り後のイネの茎から自然に出る側芽が伸びたもの。そのままにしておくと穂が出る前に枯死するか、穂が出ても高さ40センチ程度にしか成長しない。肥料や水を適切に与えると60~70センチほどに伸び、最初の収穫から20日目ごろに出穂し、40~50日目で収穫できる。収穫量は苗から育てたイネの半分ほど。収穫したイネは稲わらごと圧縮し、発酵させて飼料とする。

(2009-02-02 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android