コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひしゃく(柄杓) ひしゃく

1件 の用語解説(ひしゃく(柄杓)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひしゃく【ひしゃく(柄杓)】

水をくむ道具で,古くはしゃくし(杓子)と同様に瓠(ひさご)を半分に割って作られた。柄杓とか檜杓と書かれるが,柄があることやヒノキで作られることが最初からの特徴とはいえず,むしろひしゃくの特徴は瓢簞(ひようたん)を意味する匏にある。ひしゃくは匏のなまった言葉であり,その俗信も神霊の容器とみられた瓢簞やしゃくしと共通するものが多い。よく抜けるようにといって安産の祈願に底抜け柄杓を奉納する風習は広く見られ,また海上で船幽霊に出会って〈ひしゃくをくれ〉といわれたときには船が沈められないようにやはり底抜け柄杓を与えるものとされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ひしゃく(柄杓)の関連キーワード杓子柄杓杓子面杓子菜飯杓子下取り杓子杓子を渡す杓子当り杓子形しゃく・む

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone