ひたちなか[市](読み)ひたちなか

百科事典マイペディアの解説

ひたちなか[市]【ひたちなか】

茨城県中東部,鹿島灘に臨む市。1994年那珂湊市と勝田市が合体,改称。南西は那珂川を境に水戸市に,北は東海村に接する。那珂川河口北岸の那珂湊は,近世水戸藩の商業港となり,奥州や江戸との海運で栄えた。遠洋漁業基地で,水産加工が盛ん。北部の台地上の勝田地区は,1940年日立製作所の工場進出以来急速に発展,電気機関車,電気機器中心の工業都市となった。製造品出荷額では7837億円(2003)を上げ,県内3位。阿字ヶ浦北側にあった米軍の水戸射爆場跡地は,国営ひたち海浜公園などに利用されている。1989年には国際港湾常陸那珂港が着工,首都圏物流の北の拠点を目指して建設が進められている。常磐線,ひたちなか海浜鉄道が通じる。南部に酒列磯前(さかつらいそさき)神社,北西部に彩色壁画のある虎塚古墳(史跡)がある。東日本大震災で,市内において被害が発生。99.93km2。15万7060人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひたちなか【ひたちなか[市]】

茨城県中東部,鹿島灘に臨む市。1994年那珂湊市と勝田市が合体,改称。人口14万6750(1995)。南西は那珂川を境に水戸市に,北は東海村に接する。那珂川河口北岸の那珂湊は,近世水戸藩の商業港となり,奥州や江戸との海運で栄えた。遠洋漁業基地で,水産加工が盛ん。北部の台地上の勝田地区は,1940年日立製作所の工場進出以来急速に発展,電気機関車,電気機器中心の工業都市となった。製造品出荷額では8208億円(1995)をあげ,県内では日立市に次いでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android