コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひなんの家

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ひなんの家

主に小中学生の登下校の安全確保を目的とした拠点。民家や事業所、病院など多岐にわたり、「子ども110番の家」「子どもを守る家」など名称も様々。県警生活安全企画課によると、子どもの安全拠点作りは、94年に小山市花垣町の自治会が始めた「学童ひなん所」が最初だ。97年に、宇都宮市の戸祭地区が警察庁の「地域安全活動パイロット地区」指定を受けたことがきっかけで、全県に広がった。今市市では「ひなんの家」と呼び、同市教委によると約800軒あるという。

(2006-02-14 朝日新聞 朝刊 栃木中央 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android