コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひな人形

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ひな人形

平安時代、人形(ひとがた)の紙を川に流した「流しびな」がルーツとされる。女児厄よけを願い、桃の節句に合わせてひな人形を壇に飾る現在の形式は、江戸時代中期に定着したとみられる。1970年代には五人囃子(ごにんばやし)など15体の人形を並べる「7段飾り」が6~7割を占めたが、現在は数%。人形5体の「3段飾り」や男女のひな一つずつの「親王飾り」が主流になっている。

(2012-02-28 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ひな人形の関連キーワード山田 徳兵衛(10代目)埼玉県さいたま市岩槻区もちがせ流しびなの館徳島県勝浦郡勝浦町静岡市の伝統工芸埼玉県さいたま市宿場の雛まつり埼玉県越谷市埼玉県鴻巣市きむらゆき岩槻〈市〉平安時代三人上戸三人官女十組問屋京人形岐阜県埼玉県岩槻区雛遊び

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひな人形の関連情報