コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひょうど ヒョウド

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐ど〔ひやう‐〕

[副]
《「ひょうと」とも》勢いよく矢を射放つ音を表す語。ぴゅっと。
「キリキリと引絞って―放てば」〈逍遥・美術論〉
突然に。ひょいと。ひょっと。
「ここにある人、―寄り来て言ふ」〈かげろふ・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょうど

( 副 )
〔「ひょうと」とも〕
ひょいと。不意に。突然。 「ここにある人、-よりきていふ/蜻蛉
矢を放つ時の音を表す語。ひゅうっと。 「あひ近による所を、振津神平ささへて-射る/保元

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ひょうどの関連キーワードカッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)馮道(ふうどう)月(衛星)無著道忠前畑秀子大隈言道ヒルダ群仙貨紙馮道秤動蜻蛉春川

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android