コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひらかたパークと菊人形

1件 の用語解説(ひらかたパークと菊人形の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ひらかたパークと菊人形

ひらかたパークの前身は、1910(明治43)年に開業し、菊人形展を始めた香里遊園地(現・大阪府寝屋川市)。12年に菊人形の興行を枚方市に移したのがひらかたパークの起源となる。戦時中の44、45年は菊人形展を中止。敷地も農地として供出された。戦後、64年には年間入場者数100万人を突破。96年にリニューアルオープンし、「ひらパー」の短縮語が話題になった。菊人形展は菊師の高齢化などで2005年に閉幕。10年に限定復活した。

(2012-09-29 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ひらかたパークと菊人形の関連キーワード新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画明治日本の産業革命遺産有珠山Edward the Confessorウィルソン大逆事件南極

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone