コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふいご(鞴∥吹子) ふいご

1件 の用語解説(ふいご(鞴∥吹子)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふいご【ふいご(鞴∥吹子)】

人類は砂金(自然金),自然銅,隕鉄(いんてつ)などを見つけ,初めて金属を使うことを知った。次に炭を燃焼させて原料の鉱石を溶かし,金属を得られるようになったが,それには,送風つまり空気を多量に送って酸素を補給し,温度を上げる必要があった。そのためには,皮袋,うちわ(団扇),火吹竹などを使い,一時に多くの空気を吹きつける方法が考案された。日本では,昔から金属の製錬を〈金(かね)を吹く〉と呼びならわしているが,その実態を的確に表したものであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のふいご(鞴∥吹子)の言及

【鞴祭】より

…旧暦11月8日の行事。鍛冶・鋳物師・たたら師・白銀屋など,ふいごを使う職人のあいだで行われ,さらに風呂屋・のり屋・石屋など,広く火をたく職人のあいだにも普及していた。この日は天からふいごが降ってきた日だといい,業者はふいごにいろいろのもの,とくにミカンを供えて,これを集まって来る子どもたちにまいてやるふうがあった。…

※「ふいご(鞴∥吹子)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ふいご(鞴∥吹子)の関連キーワード金鉱元素鉱物隕鉄山金自然石大自然自然金自然銅自然治療二次的自然

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone