コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふつと フツト

デジタル大辞泉の解説

ふつ‐と

[副]
細長い物を断ち切るさま。
「縄などの切るる様に―切るるままに」〈今昔・二三・二二〉
(多く下に打消しの語を伴って用いる)まったく。さっぱり。
「後撰の歌といふ事―思ひ寄らで」〈無名抄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふつと

( 副 )
物を断ち切るさま。また、その音を表す語。 「紅の衣五具ありけるを、背割りに-きりて/著聞 14
急に。突然。 「涙の-出で来ぬ/枕草子 一三一・能因本
(下に打ち消しの語を伴って)全然。まったく。 「御屛風のつらにひきつけられて-動きもせず/大鏡 伊尹

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ふつとの関連キーワード切り取り・切取り・斬り取り・斬取り多摩美術大学図書館霞ヶ浦四十八津オオトカゲ眠る・睡るヤシマ作戦五島美代子ザクロソウ牧野古墳Siri竹田出雲華岡青洲バブリー丹羽長重金正恩しゃ首射切るBWR打消し背割り