ふるい(篩)機(読み)ふるいき

百科事典マイペディアの解説

ふるい(篩)機【ふるいき】

固体粒子を寸法で分類する機械。鉱山,採石場,土木工事,化学工場などで多用。ふるい面が安定しているグリズリなどの固定式,中空になっている円筒形または六角形のふるい面を回転させる回転式,ふるい面を振動させる振動式に大別される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android