ふるさと納税と都市部の自治体

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

納税者が住んでいる自治体以外に寄付すると、寄付額から2千円を引いた金額が、所得税や住民税から控除減額)される制度。他の自治体にふるさと納税をする住民が増えれば、自治体の税収は減る。各自治体によると、17年度は横浜市で約57億円、名古屋市で約33億円、大阪市で約29億円など東京以外の大都市でも減収額が膨らんでいる。大半の自治体は、減収額の75%が国から手当てされるが、財政が安定している東京23区は、国の補填(ほてん)がない。

(2018-04-23 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android