コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふるさと雇用再生特別基金

1件 の用語解説(ふるさと雇用再生特別基金の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ふるさと雇用再生特別基金

地域の継続的な雇用機会の創出をめざし、国が3年間で2500億円を都道府県に配分。栃木県には46億6千万円が割り当てられた。介護・福祉や子育て、医療など10分野を対象に、企業やNPOなどに新規事業の創設を促し、そこでの継続雇用をめざした。

(2012-04-01 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふるさと雇用再生特別基金の関連キーワード雇用創出地域雇用開発雇用継続給付雇用喪失目差work sharing就労継続支援A型改正雇用対策法改正男女雇用機会均等法緊急雇用創出事業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ふるさと雇用再生特別基金の関連情報