コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶうぶう ブウブウ

2件 の用語解説(ぶうぶうの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶう‐ぶう

[副]
らっぱなどを低く大きく吹いたような音を表す語。「車がクラクションをぶうぶう鳴らす」
不平不満などを盛んに言うさま。「ぶうぶう言う暇があったら仕事をしろ」
豚の鳴き声を表す語。
[名]
自動車または豚をいう幼児語。
不平不満。小言。また、それを言ってうるさがられる人。
「人の異見も馬の耳、よそ吹く風の―にて」〈浄・二枚絵草紙

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶうぶう

( 副 )
警笛や楽器などの太く低い音を表す語。 「 -ブザーを鳴らす」
不平や小言を言いたてるさま。 「 -言うな」
( 名 )
〔幼児語〕 自動車。
不平不満。こごと。また、それを言いたててばかりいる人。 「廓に絶えぬが地廻りの-/歌舞伎・助六」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone