コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぶらぶら節 ぶらぶらぶし

大辞林 第三版の解説

ぶらぶらぶし【ぶらぶら節】

長崎市丸山遊郭のお座敷唄。嘉永・安政(1848~1860)頃江戸を中心に流行した「やだちゅう節」が伝えられ、大正末期に節回しが整えられたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ぶらぶら節の関連キーワード長崎ぶらぶら節赤司まり子酒井由美子なかにし礼本山可久子イチキ游子黒木映莉花松村 達雄吉永小百合山本亜希子松尾 サダ須部浩美古谷一行大山勝美松田光生鈴川法子西沢仁太上楽敦子芦屋小雁明石鉄平

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぶらぶら節の関連情報