コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

へき開(劈開) へきかい cleavage

翻訳|cleavage

1件 の用語解説(へき開(劈開)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

へきかい【へき開(劈開) cleavage】


[結晶のへき開]
 結晶に機械的な力を加えると特定の結晶学的な面に沿って割れ,平滑な面が出現することがある。この現象をへき開といい,出現した面をへき開面と呼ぶ。これは脆性(ぜいせい)破壊であり,へき開しやすい結晶はもろい。へき開面は結晶を構成する原子の配列で規定されていて,原子密度が高い面が通常へき開面となる。結晶構造が同一である結晶間では,へき開面も同じ結晶面となる。へき開の程度には雲母や石墨や方解石のように,完全で明瞭なものから,水晶やザクロ石のように,ほとんどへき開しないものまである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のへき開(劈開)の言及

【卵割】より

…多細胞動物の受精卵が行うやつぎばやの細胞分裂の過程。受精の結果として生ずる受精卵は1個の巨大細胞であり,これがひたすらDNA合成と細胞分裂を繰り返すことによって,多数の正常な大きさの細胞を生じ,個体発生の基本となる多細胞環境を短時間のうちにつくりだす。 卵の細胞質には,あらかじめ卵割期およびその後の形態形成の過程を維持するためのエネルギーや情報が大量に蓄えられており,新たな細胞質の合成は卵割期を通じてほとんど行われない。…

※「へき開(劈開)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

へき開(劈開)の関連キーワード結晶化結晶水歪(ひずみ)シリコン結晶質音響電気効果結晶蜂蜜圧密の段階ゴルスキー効果ヨッフェ効果(結晶)ラウエ図形

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone