へびつかい座(蛇遣座)(読み)へびつかいざ(英語表記)Ophiuchus

世界大百科事典 第2版の解説

へびつかいざ【へびつかい座(蛇遣座) Ophiuchus】

略号はOph。天の川の西岸に位置する初夏の大星座。両手で毒蛇をつかまえる蛇遣いの姿は古代ギリシアで医聖と呼ばれたアスクレピオスである。α星ラスアルハゲ(蛇をもつ人の頭)は光度2.1等,スペクトル型A5の巨星で,8.5年周期の連星系である。β星ケバライ(羊飼いの犬)は光度2.8等,スペクトル型K2の巨星である。この星座にはM9,M10,M12,M14,M19,M62,M107と数多くの球状星団が散在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android