コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べく べく

大辞林 第三版の解説

べく

( 助動 )
〔助動詞「べし」の連用形〕
推量の助動詞「べし」の残存形として、現代語でも、可能な動作・作用や、実現の可能性のある事態を述べるのに用いる。 「来年の博覧会開催に間に合わせるべく、突貫工事が行われている」 「現在の生産量を維持すべく最大限の努力をしている」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

べくの関連キーワード死は或は泰山より重く,或は鴻毛より軽し液状バランス食望むべくんば肝胆を砕く乗り取る人めかす生浮かび宿り取る咲き荒ぶ恋ひ余る立ち舞ふ無韻の詩信託財産目を極むべくんば御見文字べくして屈し甚し揺がす放らす

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べくの関連情報