コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ほうおう座(鳳凰座) ほうおうざ Phoenix

翻訳|Phoenix

1件 の用語解説(ほうおう座(鳳凰座)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ほうおうざ【ほうおう座(鳳凰座) Phoenix】

略号はPhe。晩秋の地平線近くに見える南天の星座。鳳凰という名はギリシア神話にあらわれる不死鳥フォイニクスのことで,500年ごとに火中に身を投じて生命を新たによみがえらせるという。ドイツ天文学者J.バイヤーが星図《ウラノメトリアUranometoria》で新設した南天12星座の一つである。α星ザウラクが光度2.4等で,ほかには目につく輝星はない。概略位置は赤経1h0m,赤緯-48゜。午後8時の南中は12月上旬である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ほうおう座(鳳凰座)の関連キーワード地平線ホリゾンブルー狼座地平俯角彫刻具座彫刻室座鶴座艫座鳳凰座ハダル

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone